EtlanZ
トップ > これまでの活動実績

これまでの活動実績

プロフィール

イメージアイコン

「ゲーム音楽を知らない人に、ゲーム音楽を好きになってもらいたい」 という趣旨のもと、2000年頃から活動を始めました。

これまでに自主制作企画として、30枚以上・1000曲近くに渡るファンCDの制作・アレンジを個人で行い、スクウェア系・ロックマン・ファミコンなど、それまでに無かった様々なジャンルを同人の世界で確立・普及させました。

近年はプロデューサーとしても活躍し、「ふっかつのじゅもん」 「熱血大音楽祭」 「メガロック カーニバル」 などの大型コンピレーションCDの企画・制作を担当。

音楽イベントとしては、ロックマンのファンによる記念イベント、「メガロック・ファンフェスタ」 の主催補佐や物販チーフ。また、人気バンド 「NES BAND」 さんのライブプロデュースも行いました。

その他、現在も様々なイベントや企画のお手伝いをしていますので、作曲・音響・企画・イベント運営などでのご相談がございましたら、お気軽にメールフォームよりご連絡下さい。

※ ゲーム音楽の普及に貢献している一人として、ヤマハ・ミュージック・メディア様から、2005年にインタビューのご取材を頂きました
当時はまだボカロなども無い時代で、同人の作家に取材を行ったのはこれが初めて、とのことでした (自分もまだ20代前半の頃)
ゲーム音楽のファン活動における一つの記録として、上記リンクにてご紹介させて頂きます。

また、音楽サークルとしての「活動コンセプト」も一緒にご覧いただけますと、よりご理解いただけるかと思います。

主な活動実績

  • 2000/12/30
    同人業界で最初となった、スクウェア系作品 「Romancing Sa・Ga MIDI BEST COLLECTION」 を事前告知が全く無い状況で、コミケに委託で発表する。ここから1年ほど、音楽系・ゲーム系同人誌の先輩サークルに委託をさせて頂きました。
  • 2002/05/12
    音楽サークル「EtlanZ」を正式に創設。独立して活動を始める。
    正式な第一弾は、同人業界最初のファミコン・オンリーのアレンジCDとなった 「ファミコンベストコレクション VOL.1
    以後、EtlanZを代表するシリーズの一つとして、現代まで作られています。
  • 2003/08 ~ 2004/08
    ロックマンシリーズを無印からXまでフルカバーした、同人で初となるロックマンのファンアルバム  「ロックマンベストコレクション VOL.1」 を制作。約10年後に 「メガロック カーニバル」 へと繋がる、大きな布石となった作品でした。
  • 2010/12/31
    活動10周年を記念し、初のベスト盤 「SOUND MEMORIAL」を制作。
  • 2011/04/29
    東日本大震災復興支援のもと、同人業界で初となる、プロとアマが垣根を越えて協力した革新的なチャリティーCD 『ふっかつのじゅもん』 を主催として初プロデュース。
    活動10年目にして、初のコンピレーション制作となりました(笑)  (これまでの作品は、ほぼ全て自分一人での作曲を行っていた)
  • 2012/03/09
    台湾のコミケといわれる 「開拓浪漫祭」 からお招きを頂く形で、『ふっかつのじゅもん』 を出展。台湾のファンの方にも大好評を頂きました。
    その後、3月9日分の寄付を持って、義援金の金額が100万円を突破!
  • 2012/03/09
    活動10周年に合わせて、ホームページを完全リニューアル。 (サイトデザインは電音堂さんが担当)
  • 2012/04/30
    ライブ・ニコニコ動画・同人・DTMなど、様々な業界の壁を越えて作られた、大型コンピレーションCD第二弾となる 「熱血大音楽祭」 を企画・主催。
    活動12年目、24枚目のCDにして、ようやくCDのジャケットにイラストが採用される(笑)
  • 2012/12
    ガンダム00のメインヒロイン、マリナ役などでおなじみの人気声優、恒松あゆみさんの所属されるバンド 「The Zig Zags」 の特設サイトの制作プロデュースを担当
    (ページデザインは電音堂さんが担当)
  • 2013/06/29
    ロックマンの25周年を記念したファンイベント、「メガロック・ファンフェスタ」 の立ち上げから、メインスタッフとして関わる。
    当日の 「ファンアイテムを扱う物販」 として 『ROCREATION』 を企画。 一般のファンからの作品を公募すると共に、当日の物販チーフも担当。
    また、ロックマンサウンドの生みの親にまでご協力を頂いた、大型ファンアルバム 「メガロック カーニバル」 を自ら主催としても企画・制作。
    加えてライブ面でも活躍し、大人気バンド 「NES BAND」 さんのライブのプロデュースも兼任。 セッティング・演出なども務める。
    イベントのチケットは完売し、お蔭様で大盛況を頂きました。
  • 2013/12/31
    菊田裕樹さんや桜庭統さんら、著名なゲーム音楽の作曲家25名様による豪華チャリティーCD 「Game Music Prayer」 の特設サイトの素材を一部ご提供。(デザインは電音堂さんが担当)
    そのご縁から、冬コミで委託を担当させていただき、お蔭様で300枚を完売させて頂きました。(売上は全額、義援金として送金されました)
  • 2014/02/22
    東京ゲーム音楽ショー」 の 「LCR出張所」 の物販スタッフを担当。
    著名なゲーム音楽作曲家の皆様に紛れて、「メガロック カーニバル」 他、一部作品の出展を行いました。
  • 2014/03/23
    レトロゲームイベント 「オトナゲーム帝国の逆襲」 の開催スタッフの一人として、第二部の 「ゲーム音楽ミニライブ」 のプロデュースを中心に、サークルの招致・企画提案など、イベント全般の補佐を行っています。
  • 2014/04/27
    イラストと楽曲が相互にコラボレーションしたコンピCD『Game Music CROSS×OVER』を制作。告知3日間で200RTを越える大反響を得ました。
  • 2014/08/16
    ファミコン30周年を記念した大型ファミコンCD『ファミコンベスト・ヒストリー』を制作。
    「ファミコンを知らない世代にも、ファミコンの音楽の良さを普及した作品」として、各方面から好評価をいただきました。
  • 2014/12/30
    スーパーファミコンの25周年を記念した、最初の同人CDとして『スーパーファミコン・ベスト』を制作。
    記念作品の名に相応しく、大ボリュームの上にSFC世代を直撃した選曲で、2015年に入ってからも長らく反響を頂いています。
  • 2015/02/08
    『ワンダーフェスティバル/2015冬』にて、ロックマン史上最大の模型祭である「ホビロック」の運営を担当。
    また模型やガレキの世界で唯一、音楽CD『メガロックカーニバル』を頒布しました。(たぶんワンフェス史上初)
  • 2015/02/22
    菊田裕樹さん、古代祐三さん、古川もとあきさんら、著名なゲーム音楽の作曲家が参加された『東京ゲーム音楽ショー』に、唯一の同人音楽サークルとして出展!(出展場所:山田一法ブース)『メガロックカーニバル』『ふっかつのじゅもん』等を頒布しました。
  • 2015/04
    ニンテンドー3DSのソフト『魔神少女 エピソード2』に開発スタッフで関わっていることを公表。
    楽曲のアレンジとプロデュース、プロモーション等を担当しています。
  • 2015/04/26
    前作『CROSS×OVER』の好評を受け、イラストと楽曲がコラボレーションした第二弾『CROSS×OVER NEXT』を制作。今度はなんと告知3日間で300RTを越え、半月で500RTを越えるなど、前作をさらに越える反響を得ることに成功。
  • 2015/10/25
    歴代のゲーム音楽作曲家が一大に集った、ゲームメーカー公式許諾の大型チャリティーCD『GAME MUSIC PRAYER Ⅲ』のプロジェクト全体の制作プロデュース補佐。 また、CDジャケットや公式サイトのデザインプロデュースも手掛ける。
  • 2015/11/04
    サウンドプロデュースや公式PV、関連グッズ制作などのプロモーションも担当した、ニンテンドー3DSソフト『魔神少女 エピソード2』が発売。一時期はモンハンと首位を争い、インディーズとしては異例の 「売上トップ2」 を収める。
  • 2016/01/23
    FFの植松伸夫さん、聖剣伝説2の菊田裕樹さんらも参加されている、ゲーム音楽作曲家の祭典『東京ゲーム音楽ショー2016』 に、山田一法さんのブースにご一緒する形で三年連続出展。
  • 2016/02/06
    数年ぶりに開催した、歴代ロックマンの作曲家によるライブ 『LCRオールナイト』 の運営・物販スタッフを担当。
    当日は初代ロックマン1の作曲家、松前真奈美さんや、公式漫画家の有賀ヒトシ先生もご来場されました。
  • 2016/02/07
    ワンダーフェスティバル/2016冬』 において、ロックマンのオフィシャル・ガレージキットイベント『ホビロック2016』の運営スタッフを務める。
TOP